〒100-0005  東京都千代田区丸の内2丁目2番1号 岸本ビルヂング4階402号室
電話 : 03-6213-0511(平日午前9時半から午後5時半)  |   FAX : 03-6213-0512  |   MAIL :
写真:笹浪総合法律事務所入所建物外観

ごあいさつ バックナンバー2022年(令和4年)

ご挨拶
- 令和4年6月 -

本格的な夏に向かうにつれて、皇居外苑の木々の緑が日々色濃くなってまいりました。
少し目線を下げてみると、涼しげに皇居外苑の御濠を進む2羽の白鳥が目に留まります。
梅雨も本格化し、このところ蒸し暑い日が続いておりますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

例年、6月は3月決算の企業の定時株主総会が集中致します。コロナ禍が少々落ち着いている状況下で、今年の株主総会は出席株主も増加傾向にあり、コロナ禍のもとで開催された一昨年、昨年に比べ出席株主からの発言も多くなっているため、開催する企業の側ではその準備も必要となっているようです。
当事務所にも、コロナ禍の先を見据えたご相談などが増えつつあり、web会議方式によるお打合せなども適宜取り入れながら、皆様からの様々なご依頼やご相談に対応させていただいております。

さて、当事務所ではこれまでも随時、法律実務セミナー開催させていただいてまいりましたが、先日は「契約書を学ぼう」というテーマでセミナーを開催させていただき、契約書の条項に考えるにあたって必要な基礎知識などをお話させていただきました。
今回のセミナーもweb上での開催となりましたが、大変多くの皆様にご参加をいただき、契約書に対する関心の高さをあらためて実感した次第です。
今後も、皆様に関心をもっていただける法律実務上のトピックスを取り上げて情報発信してまいりますので、よろしくお願い致します。

梅雨の季節は、体調を崩しやすい時期となりますので、皆様も体調には十分お気を付けいただければと存じます。
引き続き当事務所に対するご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

令和4年6月

笹浪総合法律事務所
弁 護 士  笹 浪  恒 弘
弁 護 士  横 田  高 人
弁 護 士  藤 川  和 之

ご挨拶
- 令和4年4月 -

当事務所から見える皇居外苑の八重桜が、満開の見ごろを迎えており、春の訪れを実感しております。今年もまた、多くの皆様が、新年度を迎える季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

報道によれば新型コロナウイルス感染症の再度の感染拡大が懸念されるとのことですが、当事務所のある東京丸の内近辺では、この4月に入り、会社にリアルに出勤される方が多くなってきたような感じも致します。
当事務所では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、引き続き、短縮した営業時間(9時30分~18時)での対応とさせていただいておりますが、電話会議システムやウェブ会議システムでのお打ち合わせも日常化しておりますので、ご希望の方はご遠慮なくお申し出いただければと存じます。

さて、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の予防のため、当事務所でも、これまで所内の行事やお客様との懇親会なども可能な限り、自粛させていただいておりました。
そのような中、先日、3年ぶりに、東京丸の内では「丸の内駅伝2022」が開催され、主催者により新型コロナウイルス感染症対策も十分に取られていたことから、当事務所からも有志が参加させていただきました。
参加者の皆様が快調に走られる中、当事務所メンバー(の一部)は日ごろの運動不足がたたり、かなり遅いペースとなったことから、運営の皆様にはご迷惑をお掛けしましたが、沿道の方々からの応援もいただく中で、大変気持ち良く走らせていただきました。
新型コロナウイルス感染症が完全に抑え込めれば、それに越したことはないものの、まだまだ「withコロナ」の状況が続くようにも思います。そのような中で、今後も、皆さまとともに、日々の生活を充実させながら、時代にあった新しいライフスタイルを探していければと思います。

4月は、新たに社会人としての第一歩を踏み出されたり、あるいは異動や転勤、転職などにより、新しい環境で新しいお仕事を始められる方も多いかと存じます。そのような皆様を心より応援申し上げますとともに、知らぬ間に疲れが溜まりやすい時期でもありますので、まずは、ご自身の健康に十分お気を付けいただければと存じます。

本年度も引き続き当事務所に対するご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

令和4年4月

笹浪総合法律事務所
弁 護 士  笹 浪  恒 弘
弁 護 士  横 田  高 人
弁 護 士  藤 川  和 之

ご挨拶
- 令和4年3月 -

今年も早いもので3月を迎え、やわらかい春の日差しが感じられる季節となりました。当事務所の執務室にある胡蝶蘭も次々と可憐な花を咲かせており、春の訪れを感じさせてくれています。

さて、当事務所では、この度、亀ヶ谷貴之弁護士を当事務所の一員として迎えることとなりました。
同弁護士は、早稲田大学法学部を卒業後、早稲田大学大学院法務研究科を修了し、平成30年1月に弁護士登録をした後、東京都内の他の法律事務所で執務を開始いたしましたが、このたび、ご縁があり、当事務所に参画してもらうことになりました。 同弁護士は、弁護士としての執務を開始した後も、弁護士業務に励みながら、法律以外の分野にも幅広く関心を持ち、平成30年11月に基本情報技術者試験、令和3年12月には情報処理安全確保支援士試験にそれぞれ合格するなど、バイタリティーに溢れた新進気鋭の弁護士であり、今後、当事務所の一員として活躍する中で、必ずや皆様からのご期待にお応えできるものと思います。

当事務所と致しましては、新たな戦力を迎え、皆様からのご相談に対し、以前にもまして迅速かつ誠実に対応してまいります。
皆様におかれましては、引き続き当事務所へのご支援・ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

令和4年3月

笹浪総合法律事務所
弁 護 士  笹 浪  恒 弘
弁 護 士  横 田  高 人
弁 護 士  藤 川  和 之

新年のご挨拶
- 令和4年1月 -

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
旧年中は格別なご高配を賜り、あらためて厚く御礼申し上げます。

昨年は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、東京都では3度の緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出が制限され、飲食店の営業も制限される等、一昨年にも増して、社会全体が振り回された一年となりました。同ウイルスの被害を受けられた方々に対し、当事務所一同、あらためてお見舞い申し上げます。
近時の報道によれば、新型コロナウイルスの新たな変異株の発生により、再度、同ウイルスの感染が拡大する恐れもあるとのことであり、まだまだ予断を許さない状況となっているようですが、いまこそ国境も人種も超えて世界全体が協力して対策を取ることでウイルスの感染拡大を抑制し、今年こそ、皆が笑顔で暮らせる一年であってほしいと心より願っております。

当事務所と致しましては、本年も皆様からのご期待に添えるよう、メンバー全員が一丸となり、ご依頼いただいた業務の一つひとつに対し、丁寧に、かつ熱意をもって取り組んでまいります。

新年にあたり、皆様のご健康及びご多幸を心よりお祈り申し上げるとともに、引き続き当事務所へのご支援・ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

敬具

令和4年1月

笹浪総合法律事務所
弁 護 士  笹 浪  恒 弘
弁 護 士  横 田  高 人
弁 護 士  藤 川  和 之

お問い合わせ

当事務所に対するご質問、ご要望、ご意見などがございましたら
ご遠慮なく事務局までお寄せ下さい。